イベント・交流 > 脊振別荘案内 > 脊振の植物




脊振別荘公園の植物を季節ごとにご紹介
   


春の訪れを、花や樹木は真っ先に知らせてくれます。
この時期は色とりどりの花があちらこちらで見れます。
写真をクリックすると拡大画像を表示します
■アオイスミレ
科名:スミレ科
学名:

葉がフタバアオイに似ていることからこの名がついた。スミレの仲間では春最も早く咲くものの一つで、山野の樹林下などに生える。
■ウメ(梅
科名:バラ科
学名:Prunus mume


2月頃から白い花が咲き始め、5月〜6月になると実が大きくなります。収穫した梅の実で梅干や梅酒がつくれます。
■カリン(花梨)
科名:ばら科
学名:Chaenomeles sinensis

花は4月に開花。実は固くて酸味が強ので、ハチミツ漬けやジャム、果実酒などに用いられる。
カリンの実の写真
■サクラ(桜
科名:バラ科
学名:Prunus yedoensis

開花は4月初旬。「染井吉野(そめいよしの)」がもっとも有名で花は、うすピンク色。
■シャクナゲ(石楠花)
科名:ツツジ科
学名:Rhododendron

開花は5〜6月。ツツジに似た花がいくつか固まって咲き、一つの大きい花のように見えます。
■スイセン(水仙)
科名:ヒガンバナ科
学名:Narcissus tazetta var. chinensis
中国の古典よりきれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようなところからこの名がついた。12月中旬〜4月頃開花。
■ツツジ
科名:ツツジ科
学名:Rhododendron

種類が豊富で、花をたくさんつける。4月〜6月が見頃です。
■ツバキ(椿)
科名:ツバキ科
学名:Camellia

つばきは種類が豊富。こちらは花びらが幾重にもなる椿。
>他の種類 椿1 椿2 椿3
■つくし
科名:とくさ科
学名:Equisetum arvense

杉菜(スギナ)の胞子茎。3月頃から生え始めます。薬用植物として「利尿剤・止血剤・解熱剤」にも利用されます。
次へ

日山ホームメインTOPページ不動産情報日山ホームの住まいイベント・交流お問い合わせ|     ページTOPへ
日山ホーム株式会社 佐賀県鳥栖市東町2丁目886-1 TEL.0942-82-7777 FAX.0942-83-1123
Copyright(C)2008 HIYAMAHOME Co.,Ltd All Rights Reserved.